2007年11月01日

小役カウントで重要なこと


今日は小役カウントについて。
5号機時代になり、パチパチ君などで小役カウントしてる人も多いと思います。

ここで自分の経験を踏まえ、
小役カウントで重要なことを今日は書こうと思います。


短期間で結果を一喜一憂しないこと。


たとえばエヴァ。最低2000Gは見ないとダメです。
1000円入れてベルが最悪だったからイヤな感じがして
ヤメるとかはもってのほかでww

2000円目で一気にベル連で設定6になることも往々にしてあります。
いくらなんでもそんな短期間で結果は出ませんw

その台を自分がヤメたいからヤメる理由を無理矢理作っていては
勝てるものも勝てなくなってしまいます。


3000G回せばベル位なら結構設定高いか低いか位の目安になってきますが、
ボーナス確率で結構大勢を決している事も多い。

エヴァなら、いろいろな意見がありますが
なんだかんだで最重要なのはベル確率だと思います。

ジャグラー考察の時に結構言ってますが、
分母が小さいほど確率も暴れにくい。

なので、分母が一番小さく試行回数が最も
多いベルが一番信用できるってことです。

エヴァはカウントするものが多くて見抜きやすいと思われていたのが
今や逆ですよねw

ベル確率は4と5の間だけど、ボーナス中が弱すぎ、
でもレイチャンス中は6、ボーナス確率は1以下とかww

一体どれを信用していいのやらと(´・ω・`)


これはベル確率とボーナス中の分母が小さいスイカで判断。
青7中段ビタ押しで延命してビッグ中ベルをはずして試行を増やすって
手もありますが、そのぶんゲーム数が稼げなくなるのでどうかと思いますね。

例えば、2000Gでベル確率が4でボーナス確率は6、
ビッグ中は3〜4をいったりきたり、といった台だった場合。

微妙ですよね。

でも、とりあえずベルが落ち着く3000Gまでは打ってもいいかと思います。

そこまでボーナスがついてきてたら
とりあえずベルで判別したい最低ライン、3000Gまでは
もつからです。


ベルが悪くて即ヤメでもいいですが
ピタっとボーナスも止まればいいけど調子いい台は
しばらく続けて出てくれたりします。

アイジャグなら3000回してブドウが6.18前後なら
続行、経験上6の可能性は高いと思います。


アイジャグなら例えば2000Gでブドウ確率が設定6を上回る
5.92などの場合は続行。明らかに6を逸脱した確率の場合、
極端に低設定の可能性が低くなります。


打っていて不安になったり安心したり、
スロットって本当自分との闘いですよね。



スロットブログランキングへ
posted by Nori at 00:00| Comment(18) | TrackBack(0) | 稼動日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。