2006年06月21日

ヒキについて

ヒキの話、前回は1日単位である決まった台(Aタイプ、RT)のヒキについて述べましたが、
今回はもうちょっと大きな括りでの話をしたいと思ってた折れがきましたよ(2ちゃん風にw)


かなーり長くなりましたので全部読めないと思いますw
いいんです、自己満足ですからww

では本編に・・・


・・結局、証明する事もできないのでいろいろ考えがあって当たり前のことなんですよね(;゚д゚)

あくまで私個人の考えなので「こういう風に考えてる人もいるんだ〜 バカだな〜」くらいに読んで頂ければと思いますm(uu。)m



まずは全く何も考えずに座って長期間継続的にに爆発させる人はいない。
少なくとも自分の周りには皆無です。

やはり勝ってる人はきちんと台、店、きちんと研究して勝率を上げていて、
その結果、設定6(または瞬間の期待値が高い台のハイエナ)を多くツモっているので低設定を多く打つよりも爆発する確率も高くなっていると思われます。



設定6で機械割が110%、勝率70%の台をずーっと打ったとして
最初の1ヶ月が機械割を大幅に越えて出ていたとします。

次に2ヶ月が経ち、110%の台を打っても出ない日が続きました。
これは試行回数が増えてきているので長い目で見た時、徐々に平均値に近づいている事を指します。もちろん極端な例えなので、もうちょっと時期が長くなるかもしれません。

ただ、これが最初に来るか来ないかで、えらい違いがあると言わざるを得ませんw1ヶ月経って撤去なんてこともあるわけですからww

最初に負け続ける事があれば、その後勝ち続ける日も来るかもしれません。
勝ったり負けたりを繰り返す日がくるかもしれません。

また、最初の1ヶ月で設定6を打っているのに負け続けたら「この機種は相性が悪い」と言って打たなくなってしまうかもしれません


勝ち逃げは様々なギャンブルで必勝法とされていることですが、
これは、ずーっと偏ることはなく長い目で見れば自然と平均値に近づいていく確率の収束を考えての事なんでしょうね。悪くなる時が必ず来るからその前にやめとけ、と。逆に悪い調子が最初に来たら出るまでやってやめろ、と

もちろん知識・技術あっての話です。高設定を掴む確率が高まる行為をしてなければ、収束はしても実力で負けるだけ、となります。




これをもっと大きなスタンス、広いスパンで考えると、

Aという機種で最初に負け続けた 後から勝ち続けた
Bという機種で最初に負け続けた 後から勝ち続けた

Cという機種で最初に勝ち続けた 後から負け続けた
Dという機種で最初に勝ち続けた 後から負け続けた

Eという機種で最初そこそこ勝った 後からそこそこ負けた
Fという機種で最初そこそこ負けた 後からそこそこ勝った

全部同じ設定6、同じ機械割110%で同じ勝率70%で、
機種だけ違う台を打っているとしたらこのように最初の1ヶ月間に勝つか負けるか、ということすらも、長い目で多くの機種で見たら平均化しているのではないでしょうか。

例えば2005年打った機種、全ての機種が相性悪いって感じてる人もそうそういないですよねw


ただ、同じ機械割でも1日単位で見て勝率が低い台、高い台は存在します。
撤去前に早い段階で勝率が高くなる機種を選択するかどうか、
ここに人間の判断が介入しますので、確率以外の要素で、勝ち負けが決定することも出てきています。


確率とは別に相性の問題ももしかしてあるのかもしれません。

が、例えば自分は北斗の生ジャックを数え切れないくらい引いています。だけどツレは数えるくらいしかない。
試行回数が絶対的に自分の方が多いですから、
これも後からツレが生ジャックをガンガン引き始めるかもしれません。

また、番長でツレはジャックハズレをガンガン引いていますが
自分は2,3回しか引いたことがない。
これは自分の方が試行回数が少ないので後から自分も確率通りに
引き始めるかもしれない。


ただそこまでやらないし、これからも打とうと思わないんですよねぇ(--;

継続は力なり、ってのは最初悪くても後からついてきますよ、って意味も含まれてるのか??

要は「相性の良し悪し」は、最初に早い段階でこのガンガン引いてる状態がきてくれるのか、後から来るのか、の差のことか?と思ったりしてます。


そうそう、この「後から来るのか、最初に来るのか?」で仕事の話で似たような話があります。


自分は昔営業をやっていました。
法人ではなく個人営業です。

で、その営業をかける顧客リストは社長が各営業マンに配分していきます。

当然、お客さんの中には経済的に裕福な人もいれば、金がない人もいる、
動機自体が薄い、または興味本位のお客さんもいれば、営業かける前から契約書にハンコ押してるようなお客さんもいるw

で、最初に運がよい顧客リストが集まり結果が出ることで、
「こいつはできるやつだ」と評価されて営業課長に昇進、って人もいるし、
最初にリスト自体が悪いのが集まっていて、当然結果も出ず、
「こいつは出来ない奴だ」と思われる人もいました。

ただ、継続は力なりなんですよ。

最初に運悪くお客リストが最悪な人でも、続けてさえいればそのうちいいリストが回ってくる。
そこでチャンスをとりこぼさず、上司にアピールする。

チャンスを取りこぼしたり、社内アピールが下手だったり、または会社を辞めちゃう人はそこでおしまいw

で、最初もらった顧客リストの質は悪く後半に上質なものが来た時、努力もしていれば、実力もついてきているので質の悪い顧客リストを契約まで持っていき、質の良い客ももちろん契約まで持っていく事が出来ます。

どっちがよいか、はその人によりますが、ひとつ言えることは
努力と辛抱と継続が大事ってことですw

ただ、その顧客リストの質についても、1年とか長い目で見た時、すっかり収束してみんな一緒なものです。

ちなみに自分は前者の、最初にチャンスが巡ってきた方でしたw



スロに話を戻すと、

様々な要素の確率が偏ったり平均値に戻ったりしてる中で
台選びで適当打ちしたり、研究を重ねたりと実力が絡んで、大方の勝ち負けが決定している。


2日で2万枚なんて引き強のオッサンも、もしかして1ヶ月間、勝ち続けるかもしれません。でも1年という単位で見たら、絶対どこかでボロ負けしてますってw

数年前、地元でミリゴで5万枚出したオヤジがいました。
アラジンAでも、2万枚オーバー、と怖いものなしのイカついオヤジでしたが
それからの数年はひどいものでしたw
6ツモってもしょぼる事もでてくるし、
あっというまにその100万も店に還元したんじゃないかな。

引き強の人をずっと追跡したらこんなもんです。
別のホールに通われてたらわかりませんでしたがw

結論:実力介入を除いた時、人は確率通りに平均化する事が多いが、最初にビッグウエィブが来た時に人目を引く(目立つ)タイプがヒキ強と一般に呼ばれるw





1位のブログはオススメ。現役店長のブログも面白い。スロットブログランキングはこちらから
posted by Nori at 15:51| Comment(6) | TrackBack(1) | 稼動日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
書いてることすごくよくわかります。
結局機械が決められた通りに抽選している以上(裏、遠隔除くw)、試行を増やせば多少のブレはあるにしろある程度収束していくんですよね。

結局、より高い期待値のプレイ数をいかに稼げるかに行き着いちゃう・・

でも打ち手は人間、更にお金が絡んでくるとそれが瞬間的に見えなくなったり、心が折れたりすることも多々。
「メンタル面の強化」これが自分の最重要課題ですw
Posted by クラコン at 2006年06月21日 23:09
いつも楽しく拝見しております。今回のテーマもなかなか面白いですね。ヒキ・・・というか流れについて。流れというのは結局ヒキというものを長期的にみたときの確率のバラツキ?そんな印象です。結局は機械割(期待値)に落ち着くというのは理論上確かなこと。もちろんそれが大前提ですよね。しかし、それは試行を無限回行ったときの収束点であり、それは現実に個人単位では不可能だと思います。極端の例だと宝くじの高額当選に何回も当たる人もいますからね。 機械割75としてだいたいその人は機械割5000??適当な計算ですが。。汗。 これは収束する気がしないですよね。少なくとも生きている内は。パチスロのの話に戻します。曖昧なんですが長期的スパンでうって10%の人が機械割を大きく下回る。80%の人がほぼ機械割通り。10%の人が機械割を大きく上回る。それぞれ、ヒキ弱、並々、ヒキ強となり、それぞれを加えて全体で考えて機械割に収束する。それが今の僕の考えです。長文失礼しましたーー(>_<)
Posted by 学生スロッター at 2006年06月22日 01:44
結局、高い期待値を追い続けるしか勝ちにつながる道はないんですよね。
でも、例えば自分が北斗6を回しててモミモミ、横の台で1K2チェヒット50連。←こうなった瞬間、こうなったら相手と自分を比較しちゃって[相手はヒキ強いなぁそれにひきかえ自分って…]って精神的にきついですよね(^^;
なんらかのモノと比較するからどちらかが優れてるってなる訳ですよ、自分は自分って割り切ってやることがスロットには1番重要ですよね。ただ、それが出来てる人は悟りをひらいてる僧侶かなにかですが(^^;笑
Posted by ゆうた at 2006年06月22日 03:31
ちと考えさせられましたw
確かに最終的に機械割に近づくんでしょうね。
後は立ち回り次第?
ゾーン、高確、を狙いうつことで割はあがりますよね。
北斗の6の高確だけを打った機械割って200%越えだって。そういう意味では割は実力でかわるもの?

引きが強い=そいつの割が高い

あれ?何言ってるかわかんなくなっちゃった。

スイマセン
Posted by 10番ぱる at 2006年06月22日 07:44
最近負け続けてます。

ジャグで・・・。

負けるパターン
2000G目くらいまでは6並の確立でBRゲッチュー
4000G目くらいで全のまれ(このときBIG確立設定1以下)
追加投資でタコなのか・・・tt

って感じで負けまくってるんですが、このヒキの場合はどう解釈すればtt
Posted by 一枚がけ at 2006年06月22日 08:59
>クラコンさん

そうだ!メンタル面の強化を最後のシメにしようかと思ってたんですが仕事中だったもんで途中で邪魔が入ってしまい忘れてしまったんですよw
偏りがあるかどうかなんてその時打ってて結局わからないので期待値の高い台を打つことに専念、出なくても出るまで続ける、一喜一憂しない平常心。1日単位で見るとニュー島唄を打つようなもんですか。それをずっとやっていくってのは精神力要りますねぇ。。
自分が考えたこの説も、実は自分で平常心を保つための説なんですよww

>学生スロッターさん

コメありがとうございますm(__)m
宝くじ何回も高額当選する人いますね。
話を聞くとその人なりに研究して購入するって人もけっこういるみたいですけどw
個人個人の中で起こっているのではなくて、スロで言えばその店全体で起こっているって事ですね。この説は新しいですねーw

稀に強運の人がいるにはいますよね。
オーラの泉見て昨日思ったんですけどww、
前世凹んでた分が今世で上向きになったとかw


>ゆうたさん

コメありがとうございますm(。。)m

そうですね、いきつくところは「期待値の高い台を打って負けても問題ない、隣がどうだろうが関係ない」という強い気持ちなんでしょうね。強い気持ちを持つってのはスロだけじゃなくて何にでも言えることだと本当思いますね(。-ω-)クラコンさんのレスでぶっちゃけましたが、みんな平等、あとは努力が大事って自分に言い聞かせて平常心を保つための説って話がww

>ぱるさん
結局、それなんですよね(´Д`lll) 上でも言ってますが、長いスパンで考えたところで自分が今どの状態なのか知る術がない以上、まずは全力で期待値が高い台を打つと。確かに6打ってるはずなのにしばらくダメ、撤去前までにこりゃ平均化しないだろ、と思ったら早い段階でその機種はやめる、てな感じですかね。。どうやっても出ない時期に色んな機種、いろんな店で6つかんで比較できれば一番いいんですけどねww 

>1枚がけさん

ジャグに関しては誰がやってもそうなってると思います。設定変更後はどう転ぶかわかりませんよね。。なのでたまたま出てしまったと。
で、一枚がけさんのその台は単に設定が低い台が最初たまたま噴いてしまったのではとww

変更後、そうなる台はTMで結構ありますよね。普段低設定メインで置く店でも2000Gくらいまでそうなる台あります。でもみんな4000くらいでのまれると思ってるからやめちゃいますけど。実際、スランプグラフ見ると4000Gほどでいつも飲まれてますww

スロで食ってるツレは2000G位まで打って止めたりして収支あげてますよ(゚∀゚ )

ただ、高設定が入ってる店なら判断しなきゃいけないですよね。

自分の場合は、普段書いてる事なんですが例えばバケが1500G以上ハマってバケが追いついてこないまま、ビック確率が1/220→1/230→1/240→1/245・・・といった感じで、落ちていれば、低設定の兆候と見て止めちゃいます。ビッグがハマッていてもバケがその間にコンスタントに出ていれば続けます。要は「ストレートハマリ」が少ない台ってことです。

一般的には合成確率が高いのが高設定ですから500、600ハマリが少なくコンスタントに出る台なら様子見ですね。

その台をやめた後に出された時のメンタル面・・これは記事にしたいと思いますww
Posted by Nori at 2006年06月22日 14:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

【パチンコスクール】年収1000万以上稼ぐテクニック
Excerpt: 私はパチンコを初めて10年位になりますけ
Weblog: パチンコタイムス(パチンコ)
Tracked: 2006-06-23 15:34
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。